自然素材

自然素材

スタップが手がける家は、自然のエネルギーが詰まった家。
素材が持つ本来の力を生かした、居心地のいい住まいをご提案しています。

自然素材

無垢の床材

スタップがこだわって使用しているのは無垢の床材。
一般の戸建て住宅やマンションで目にする「フローリング」のほとんどが、薄い木を接着材で張り合わせたベニヤ板の表面に、薄い木の皮やビニールを張ってつくった工業製品です。
床材にもいろいろな種類があり、それぞれに長所・短所があるため、お客様の暮らし方やお求めになる性能に合わせてご提案します。

無垢の床材

メリット

  • 優しい肌触り
  • 断熱性に優れ、冬には足下から温かみ
    を感じられる
  • 自然の調湿効果
  • アロマテラピー効果
  • 時と共に味わいが出る

合板フローリング

メリット

  • 大量生産できるので価格が安い
  • 色柄のむらがなく、模様が均一で反りが
    少ない
  • 表面が強化されているので、キズがつき
    にくい

デメリット

  • キズがつきやすく、床材が反ったり
    隙間が空いたりする
  • 木目の色柄が均一でない
  • 価格が高め

デメリット

  • 呼吸(調湿)しないので、夏は素足だと
    べたべたする
  • 冬は冷たくなる
  • 湿気や紫外線に弱く、表面が劣化しやすい

私たちがおすすめしている無垢の床材の最大の特徴は「自然の調湿効果」。
木が湿気を吸ったり吐いたりするので、汗をかきやすい夏は素足でもべたつかず、さらさらで快適です。ちなみに表面を塗装する場合は、スタップでは木の呼吸を妨げない自然塗料をご提案しています。
また、断熱性にも優れており、体から熱を奪わないので冬でも素足でいられます。
キズや収縮による隙間が気になる方には無垢材はおすすめできませんが、柔らかな質感は膝や腰にやさしく、お子様が転んだりしても安心です。もちろん芯まで本物の木ですから、10年後も表面にペーパーをかけて塗装をしたり、リフォームすることも可能。多少のキズであればスチームアイロンでも補修することができます。日常的なお手入れは、年に1回、自然素材のオイルを塗ると長持ちします。オイルが木に染み込み、汚れや水をはじいてくれます。
使い込めば使い込むほど深い味わいが出て、愛着が増していくところが無垢材の魅力。
スタップでは、ショールームや実際の現場で「無垢の床」の魅力を体感いただくことが可能です。ぜひご自身でお確かめください。

スタップで使用する床材(一例)

スタップで使用する床材(パイン) パイン
パイン材(松)は他の種類の木と比べて柔らかく、木の温もりが伝わりやすいのが特徴。無垢の木が持つ温かみを十分に味わいたいという方におすすめです。

スタップで使用する床材(ウォールナット) ウォールナット
重厚かつ高級感のある印象のウォールナットは、リビングや寝室におすすめ。落ち着いた色合いで、やや固めの木材です。

スタップで使用する床材(ナラ) ナラ
光沢のあるナラ材は足触りもよく、白を基調とした空間との相性もいい材料です。強度も高いため、スタップでは最も人気のある床材です。

自然素材の塗料

スタップでは、無垢の床材に塗装をする場合には「自然塗料」をご提案しています。
自然塗料の魅力は「人と環境にやさしく、自分で塗り直しができる」ところ。
水をバッチリ弾き、お掃除がラクなウレタン塗装を好む方もいらっしゃいますが、木材の表面に塗装の膜ができてしまうため、木が呼吸できず、せっかくの調湿効果が発揮できません。
また、自然塗料を使えば、化学物質過敏症やアレルギーの主原因と考えられている化学物質による空気汚染の心配もありません。
ヒマワリの種から作った植物油をベースに、食品にも使える顔料や環境先進国・ドイツの基準をクリアした溶剤を使用した、人にも家にも環境にも優しい塗料を採用しています。

自然素材の塗り壁

スタップでは、自然素材の塗り壁をご提案しています。
自然素材の塗り壁は部屋の湿度を調節して、快適な空間を保ちます。

珪藻土(けいそうど)

太古の植物性プランクトン(珪藻)が化石化した天然の鉱物。湿度40%を境に吸放湿を繰り返す「調湿性」に優れた素材です。備長炭・竹炭の4倍から6倍ともいわれている調湿性能が、結露を防止し、カビ・ダニの発生を抑制する一方で、過乾燥も防いでくれます。

漆喰(しっくい)

主原料は石灰で、石灰の中に含まれる消石灰には調湿性や脱臭性などの特性があります。無数の気孔が空気の層となり、外気温に影響されにくく、冬暖かく夏涼しい室内環境が得られます。

豆知識

自然素材の塗り壁

メリット

  • 湿度を調整し、結露やカビ・ダニを防ぐ
  • においを吸着
  • 自然に還すことができ、環境に優しい
  • シックハウスの原因となる化学物質を
    含まない

ビニールクロス

メリット

  • 施工が簡単
  • 価格が安い
  • 色・柄などの種類が豊富
  • 柄を選ぶ楽しさがある

  

デメリット

  • 材料費も手間もかかる
  • ひび割れや、欠けが生じやすい

デメリット

  • 空気や湿気を通さない
  • 石油製品を使用している場合、燃えると
    有害物質を出す可能性がある

自然素材の塗り壁の中でも、スタップが特におすすめしている「珪藻土」の最大の魅力は「自然の調湿効果」。
吸放湿機能が高く、自律的に呼吸し続けるため、半永久的に調湿機能を発揮。「セルロースファイバー」という調湿機能を持つ断熱材と一緒に使うことで、より高い調湿効果が見込めます。
キズや欠けなどが気になる方には、塗り壁はおすすめできませんが、意外とお手入れは簡単。画びょうで穴を開けた跡や何かをぶつけてちょっとしたキズがついてしまった場合は、上から同じ色を塗るだけで簡単に補修できますし、キズの範囲が小さい場合は、その周りを水で湿らせてならすだけでOKです。

豆知識

Q 珪藻土の価格差があるのはなぜ?

A現在、ホームセンターなどで手に入る珪藻土のほとんどが低価格です。
珪藻土と名前がついた塗り壁材を手にするときには、ぜひ「珪藻土が何%含有されているのか」を気にしてみてください。
珪藻土は、珪藻土だけで固まることができないので、どのメーカーも固化剤やつなぎを一緒に添加します。他にも施工性を良くする、クラック(ヒビ)を出しづらくする、白華を抑える、色むらを抑える、どの下地でも適応させる…などの理由から添加している物質もありますが、ここで重要なのが珪藻土の「含有量」です。
珪藻土製品には「何%以上珪藻土が入っていたら、珪藻土製品として販売して良い」という具体的な決まりがありません。つまり、たとえ珪藻土が5%、合成樹脂が95%の塗り壁材でも「珪藻土」と言えてしまうのです。
珪藻土が湿気を吸放出できるのは、一粒一粒に1億分の1cmの孔が沢山空いているからです。その珪藻土に接着剤や化学樹脂を配合すると、せっかくの孔が塞がっていまい、調湿効果が損なわれてしまいます。
もし、珪藻土を選ぶ場合は、必ず「珪藻土含有量は何%くらいありますか?」と聞いてみましょう。目安としては含有率50%以上のものを選びたいところです。
せっかく珪藻土を選ぶのですから、珪藻土本来の機能を充分発揮できるような自然素材100%のものを選んでいただきたいですね。