一級建築士事務所 スタップ

  • 電話する
  • お問合せ

スタップの耐震技術

家づくりを進める際に、まず力をいれていただきたいことは、家族の安全を守る「構造・耐震設計」と「地盤の改良」です。
同じ材料・柱・梁を使ったとしても、工法によって建物の強度は変わります。
数々の施工現場で経験を積んだスタップだからこそ、おすすめできる建て方があります。

地震に強い「ストロング工法」

スタップでは「在来工法(軸組工法)」をベースに、「2×4(ツーバイフォー)工法」の利点であるパネルで床・壁・屋根を構成して家全体を支える仕組みを組み合わせた「ストロング工法」を採用しています。

在来工法の「柱と梁で支える強さ」と、2×4工法の「面で支える強さ」を合わせた工法で、優れた耐震性能を実現。安心して暮らしていただけます。
さらに、日本の気候にあった建材を使用することにより、長期間にわたって丈夫な構造が持続します。

耐震性を決める6つのポイント

壁量
建物全体の重量や、風・積雪・地震などによる自然の影響を考えて必要な壁量を導き出し、それを上回るように計画します。
壁配置
必要とする壁量を満たすように、筋交いや耐力面材を入れ、バランスよく壁を配置します。この時、壁の配置バランスが悪いと、地震などの力に抵抗できずにねじれて倒れてしまいます。
床倍率
建物全体の重量や、風・積雪・地震などによる自然の影響を考えて必要な壁量を導き出し、それを上回るように計画します。
接合部
壁・柱・筋交いなどの接合部が弱いと、壁量が足りていても地震力や風圧力に抵抗する前に住宅がばらばらになってしまいます。接合部にかかる力の加わり方を計算し、必要な金物を取り付けます。
基礎
たとえ基礎の上に乗る軸組が丈夫でも、基礎自体が脆弱では建物が壊れてしまいます。家の要となる基礎の強度をきちんと計算し、軸組に見合った強さを持っているかを確認します。
横架材
基礎から伸びる縦方向の柱に対して、横方向にかけている梁などの材料を横架材と言います。横架材が、柱・壁から受ける重みでたわまない、強度的にも安全な太さを選択していきます。
瑕疵保険/第三者保証制度への加入
欠陥工事や手抜き工事など新築・リフォームに関するトラブルを防ぎ、お客様の不安を一掃する保険制度。

新築住宅の事業者には、法律で「住宅瑕疵担保責任保険」への加入が義務づけられており、スタップでは日本住宅保証検査機構(JIO)の「JIOわが家の保険」に加入しています。これは、新築から10年間、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に瑕疵があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償するものです。万が一倒産した場合でも、JIOから最大2000万円までの補修費用が受けられます。

一方リフォームにおいては新築のような義務づけはありませんが、スタップでは、JIOの「住宅リフォーム第三者保証制度」に登録しているため、お客様の任意でこの制度を利用することができます。スタップの<自社検査+自社保証>に加えて、第三者(JIO)による<適正検査+保証>が受けられるので、ダブルの安心感があります。保証内容は工事内容によって異なりますが、最大2000万円までの工事に対して保証が受けられます。