高気密・高断熱

高気密・高断熱

快適な住環境を保つために最も欠かせないのが「断熱」「気密」です。
高断熱・高気密な建物は、建物内部の温度を長時間にわたって一定に保つことが可能になります。
正しい断熱・気密を施すことで「夏涼しく、冬暖かい家」を実現し、冷暖房効果も高めることができるのです。

高気密・高断熱

豆知識

「断熱」とは…?
室内と屋外との間で、「熱」の出入りを遮ること。
そのために、普段は目にすることのない壁の中・床下・天井裏などに「断熱材」を施工します。断熱をすることで、家の中で暖めた熱や冷やした空気が外に逃げづらくなり、室内を快適な温度に保つことができます。

「気密」とは…?
室内と屋外との間で、「空気」の出入りがないように隙間なく密閉することや、その状態のこと。
空気の出入りがなくなるように断熱材を使って隙間を埋めていきます。断熱材の形状や性能で隙間の量が変わり、隙間が多いと、より多くの空気が室内外を移動すると同時に、熱や水蒸気も移動するため、室内の熱の損失や内部結露の原因となります。

高断熱・高気密を実現する「ダブル断熱」

スタップでは、構造体の外側で断熱をとる「外断熱」と、壁の中に断熱材を入れ、壁内で断熱をとる「内断熱」のダブル断熱を採用しています。使用している断熱材は、次の2種類です。

■セルロースファイバー…内断熱に使用。調湿効果に優れたエコ断熱材。
■断熱パネル…外断熱に使用。厚さ25mmの発泡剤でできたパネル状の断熱材で、
           外部からの水の浸入や室内外の熱移動を低減。

高い断熱・気密効果が得られるダブル断熱を取り入れることで、冷暖房費を軽減でき、ロフトや吹き抜けのある大空間でも快適に過ごせる住まいとなります。さらに、内断熱に使用するセルロースファイバーの調湿効果は、結露の防止や梅雨のジメジメ、夏の蒸し暑さの解消にもつながり、一年中快適な室内環境をつくり出すことができます。
また、昨今は「高気密」と謳っている住宅が多く見られますが、実は日本では現在、気密性能に対する具体的な性能基準がありません。そのため、スタップでは一軒一軒に対して気密測定を行い、お客様にしっかりと性能数値を提示させていただいています。

ダブル断熱の効果

  • 結露の防止
  • ダニ・ゴキブリなどの防虫
  • 防音
  • 優れた難燃性
  • 構造体への負担軽減(家の寿命を延ばします)
  • 冷暖房の負担軽減による省エネ効果
ダブル断熱の効果
セルロースファイバー 3つの特徴

セルロースファイバー 3つの特徴

スタップが使用している内断熱材は、天然の木質繊維から作られた「セルロースファイバー」。
アスベスト(石綿)は一切使用しておらず、回収された新聞古紙が主原料です。「ホウ酸」を混ぜて製造しているため、防燃・撥水性能も併せ持っています。
断熱性能はウレタンに匹敵する高さで、とりわけ吸放湿性と防音性に優れているのが特徴です。

調湿性

セルロースファイバーの最大の特徴は「調湿効果」です。
原料が新聞紙のため、湿気の多いジメジメとした時期には空気中の湿気を吸い込む働きをし、冬場の乾燥した時期には湿気を放出して部屋の湿度をコントロール。人間にとって健康的な空間をつくる一方で、カビやダニが繁殖しにくい湿度を保ってくれます。
スタップでは、セルロースファイバーの吸放湿機能を妨げないよう、内壁には調湿性の高いEM珪藻土を使用。部屋をより快適な湿度に整えます。

安全性

セルロースファイバーは、ホウ酸の効果で自己消火性を持つため、火が燃え広がるのを防ぐ力があります。万が一火災が発生しても、延焼を防ぎ、有毒ガスも発生しません。
さらにホウ酸には殺菌作用があり、防虫にも効果的。殺菌作用と吸放湿性能のダブル効果でカビも生えにくくなります。
また、水をはじく撥水処理が施されているので、万が一雨漏りでセルロースファイバーが水を吸っても、重くなり天井が落ちてくることはありません。

防音性

音は重いものに遮られると聞こえにくくなります。
セルロースファイバーは壁に55kg/㎥程度の密度で充填され、重量があるので、音が伝わりにくくなります。加えて、セルロースファイバーの細かい繊維が多孔質になっているので、それら一つひとつのポケット(孔)で音を吸収してくれるという側面も持ち合わせています。
また、他の断熱材と違って壁の中に吹き込む形で施工するため、隙間がほとんどできないのも特徴。音漏れを防ぎ、しっかりと防音することができます。

豆知識

そのほかの代表的な断熱材
断熱材にもいろいろな種類があり、それぞれに長所・短所があるので、求める住宅性能に合わせて選びましょう。

グラスウール
日本でトップシェアを誇っている断熱材で、原料は綿状にしたガラス繊維。化学接着剤により繊維と繊維の間に空気の層ができるように接着してつくられています。ガラス自体に断熱性はなく、繊維間の空気層が断熱の役割を担っています。しかし、経年変化により壁内で隙間が生じてしまったり、内部結露によりカビが発生する心配もあり、施工方法などに注意が必要です。

ウレタン
ウレタン断熱材は断熱性能が非常に優れており、近年普及率が高くなっています。
施工方法は、成形品を現場で加工する方法と、現場で発泡させて壁に充填する方法があります。現場で発泡する場合、隙間なく施工できるので、化学系断熱材の中ではおすすめできる断熱材です。