仙台 新築 注文住宅 リフォームの工務店 スタップ

  • 電話する

『リフォーム』をお考えの方へ

リフォームすること=また20年30年、住み続けること

リフォームを選ぶ理由はお客様それぞれに異なりますが、一番は「予算を少しでも抑えたい」からではないでしょうか? でもリフォームの場合、コストにとらわれ過ぎると「損」をしてしまうことがあります。

20年30年経った家をリフォームするということは、そこからまた20~30年住むということ。

水まわりの交換、クロス、フローリングの張り替えなどの内装工事だけで済ませてしまうと、すぐに建物本体の耐用年数が来てしまいます。

リフォームで大切なのは、傷んだ土台や傷んでくる箇所の交換。そして耐震・防水性能まで、しっかり調査し改修計画を立てること。

リフォーム工事では「断熱改修」も行い、冷暖房費を抑えた快適な住まいにしたいですよね。

リフォームで家をリノベーションする

スタップ株式会社が考える「リフォーム」は、一般のリフォームではなく、古いものに付加価値を与える「リノベーション」。

リフォーム専門業者ではなく、一級建築士事務所が行うリフォームは、性能も機能も快適さも、そもそもの施工力が違います。

リフォームといえど、建物の図面にも徹底し、データもすべて残します。古きものに新しい快適さという付加価値を与える。

これがスタップが施工するリフォームという名の「リノベーション」です。

夫婦だけの家、二世帯住宅も叶います

あなたなら、古くなったお家をリフォームでどう叶えたいですか?

ご夫婦二人がゆっくり寛げる家。子供や孫たちと、プライベートを守りつつ賑やかに暮らせる「二世帯住宅」。

たとえば、床や壁を無垢材などの自然素材にしたり、趣味の部屋を作ったり。年齢に合わせたキッチンも、落ち着いた雰囲気のリビングだって。

スタップのリフォームなら、今までできなかった、自分らしさやライフスタイルに合わせた、リノベーション(付加価値に囲まれた暮らし)が叶います。

施工事例 WORK

よくある質問

リフォームと建て替えはどちらがお得ですか?
全面改修で新築よりも高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。
ただし、建て替えとなると取り壊し費、2度の引越し費用や仮住まい費用など、余分に資金が必要です。予算に限りがある場合はリフォームをおすすめします。
また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合などは、その後の建築基準法の変更により、建て替えた時に今より小さい家屋にしなければならないケースもあります。そのようなときもリフォームをおすすめします。
リフォームのメリット、デメリットはありますか?
メリット
  • 住みながらの工事を行う場合は、引っ越しや仮住まいの費用が不要。
  • これまで住み慣れた家の良い部分を残しながら、問題部分だけを直すことができる。

デメリット
  • 既存の構造をそのまま生かすため、それに伴う建築の制限がある。
  • 細かい解体や補修箇所が多いこと。
  • 解体しなければわからない部分など、実際に工事を進めていく際に予期せぬ工事箇所が増えてしまう場合がある。

リフォームでも新築同様に十分きれいで住みやすい家にすることができます。「想い出の詰まった家を残したい」という方にはリフォームをおすすめします。